お仕立て付き!手紡ぎ草木染め手織り 『丹波布』 八寸名古屋帯

通販 お仕立て付き!手紡ぎ草木染め手織り 『丹波布』 八寸名古屋帯-帯





  • お仕立て付き!手紡ぎ草木染め手織り 『丹波布』 八寸名古屋帯

    ◆お仕立て付き(手かがり仕立て)でございますので、98,000円にお仕立て代が含まれております。
    ◆お仕立て付きの商品のお支払いは、代金引換以外をご利用ください。
    ◆パールトーン加工をご希望のお客様は別途8,500円にて承らせていただきます。こちらよりパールトーン加工をご購入くださいませ。
    ◆お仕立ては、ご入金確認後、約2週間お時間をいただいております。(ただし、パールトーン加工をご希望のお客様は、約3週間お時間をいただいております)

    ◆新品 未仕立 手織り 木綿(一部絹)
    ◆植物染料 粟 藍 絹つまみ糸 
    ◆証紙:あおがき丹波布工房
    ◆お仕立て上がりの長さ:約3m80cm

    手紡ぎ草木染め手織り 「丹波布」 八寸なごや帯(全通)をご紹介致します。

    八寸帯は芯を入れないで仕立てを致しますので、芯を入れて仕立てをする九寸名古屋帯と比べても、より軽やかな印象となりますので、お薦めでございます。 丹波国佐治村(現在の兵庫県青垣地域)で織られていた手紡ぎの絹と木綿を交織にした平織の手織り布。
    木綿平織の縞織物ですが、緯糸に木綿だけでなく屑繭から紡ぎ出した「つまみ糸」を織り込むことに特徴があります。藍と茶を基本色とし、藍と茶と黄、藍と黄を合わせた緑で縞柄や格子柄を織り上げます。染料は村の周辺で手に入る植物に由来し、藍に加えて、茶色の染料として里山に自生する粟の皮、ヤマモモの樹皮、ハンノキの樹皮などを用いられております。黄色は田畑の畔道に生えるコブナグサを中心に、キクイモビワの樹皮を使われております。これら自然の染料を媒染剤を変えたり、浸染の回数を加減することで、微妙な色調を表現された逸品でございます。

    ざっくりとした織の丹波布は、茶ベージュ色系のお色目でございます。茶色、薄い黄土色、黒色、生成り色にて、格子模様が表現されております。手間ひまのかかった高級品の素晴らしさをお手元にてご確認いただきたく存じます。


    名古屋帯とは、大正5年頃、名古屋の地で考案された事から、その名がつきました。
    袋帯より使用する場所を選ばず、また締めやすく種類も豊富ですので、着物のおしゃれをする時には大活躍する帯でございます。

    趣味の集い・習い事・PTAの集い・クラス会・観劇など、品のよい帯は活躍シーンも幅広いので、おしゃれ着物を存分にをお楽しみいただけることでしょう。

通販 お仕立て付き!手紡ぎ草木染め手織り 『丹波布』 八寸名古屋帯-帯